83歳現役カウンセラー
数霊・言霊で読み解く
あなたの「本質」とは?

From:みたらい敏子・ぴよ
東戸塚のカフェ
14時34分

と子供のために生きてきました。
65歳までは、そうでした。

お見合いで結婚し、男の子を二人もうけ、
家事に、育児に奔走しながら、
夫の出世のために立ち回っていました。

できることはなんでもしました。
あれがいる、と言われればどうにか用意し、
突然の訪問でもキチンと対応して、
舅、姑の介護も役目を果たしました。

そうするのが当然だと思っていました。
妻として、母として、嫁として、すべてを
「そつなくこなす」人生だったのです。

特に不満だった、ということもありません。
当たり前のことを当たり前にやっただけ。

もちろん、なにごとも順風満帆で
波風のない人生だったわけでもありません。

昭和十年の生まれです

生まれは長崎の対馬なのですが、
三ヶ月で満州へ渡ります。

私が八歳のときに父が徴兵され、母の兄を
頼って大分へ引き上げてきました。

が、戦争真っ只中、東京大空襲のあった日
大分も焼け野原になり、怖いという
一言では片付かない体験も。

そんな幼少期に米兵の大きさを感じて
いましたから、結婚するお相手は大きな人、
と心に決めており、話はだいぶ飛びますが、
お見合いで結婚します。

夫はさる大手製紙会社に勤めており、
社内で出世、役員になることを
夢見ていました。

妻としては、それを後押しするのが役目
(私の場合はそう思い込んでいたのです)

二人の男の子も授かり、母としての役目も
加わり、主婦のつとめを果たしました。

所々の苦労の甲斐もあり、夫は無事に
念願の役員への出世をつかみとり、
子どもたちも無事に送り出しました。

深夜だけが自分の時間

ただ、三世代同居の中、主婦業だけを
していたか?というと、そうでもなく。

厳しい姑との付き合いや夫の連れ帰る
ご同僚などの食事の世話に、育児、
さまざまなことに追われる中、ひっそりと
静まる深夜の時間だけが私の時間。

33歳のときのことでしたが、購読していた
『ミセス』という雑誌の片隅に目を奪われ
ました。

内容までは覚えていないのですが、
それはそれは楽しげな言葉の並んだ
「詩」の投稿でした。

入選作品が紹介されていたのですね。

それを見て、ふと思ったのです。
「私も書いてみよう」と。

小一時間考えたでしょうか?
できたものを見て、またふと、
「私も投稿してみよう」と思いたち、
怖いもの知らずに送ったのです。

このときのことがなんだか楽しくって、
投稿したことは忘れ、毎日感じること、
普段の生活では口にすることのできない
「声なき声」を詩に書きつづることが
深夜の日課に。

すると、それまで当たり前のように
見過ごしていたいろんなものが新鮮に
目に入ってきて、また、目に入って
いなかった美しさも気づけるようになり、
ワクワクとした心が躍る感じも。

様々を詩につづる生活を送っていると、
ふと、雑誌社からご連絡が。
「掲載されます」とのこと。

そう、いつぞやに投稿した詩が
いつも読んでいる雑誌に。

それはそれは飛び上がるほどに嬉しくって、
夫や息子たちに自慢したものです。

雑誌への掲載に気を良くした私は、
それから詩の世界にのめりこみ、
三年後には年間最優秀賞まで受賞。

時間を経て詩集を出版するまでに
なりましたが、実はいまは詩から
離れています。

70歳でも大きな転機が

というのも、
もっと自分の本質に合ったものと
ふいに出会ってしまったので。

それが70歳のときのことでした。

人生はなにが起きるかわかりません。
文字通り、わからないのです。

70歳のときから、私の人生は
大きく舵を切って動き出しました。

実は、そのひとつ手前に
大きな転機がありまして。

66歳のときのこと。
殉死者名簿に父の名前を見つけて、
導かれるように沖縄に向かいました。

父の最期の場所に立ち、66歳にして
やっとのことで供養ができたと感慨に
浸っておりました。

夫を見送り、父の足跡もたどり、
あとは私の第三の人生、総仕上げとでも
言うような心境になったのでした。

不吉な数字

そんな折、日々の生活の中で、どうも
「13」の数字がついて回るような気がして
どうにもいえない不吉さを感じるように。

夫が亡くなった時間、次男と嫁の誕生日、
結婚に関する数字も13がありふれていて、
詩作のペンネーム「土井のりか」も画数を
見ると13、などなど。

13日の金曜日、というように、
キリストさんの亡くなられた日で、
西洋ではとくに忌み嫌われる数字でしょ?

それがずっとつづいての70歳のとき、
「13」の謎を解明するキッカケが
訪れたのです。

実は、13という数字は隠されていた数字、
現実世界と神の世界をつなぐ数字なのです、
が、それがわかるのはずっとあとのこと。


「13」は、私を数字の世界に引き入れる、
その合図だったのでしょう。

ちょうどあなたがこの文章をお読みの
ように、私も数字の世界に引き合わされた
身なのです。

数字の世界に引き込まれた

13について、インターネットであれこれと
調べるうち、「数秘術」なるものに
出会ってしまったのですね。

その名の通り、数に隠された秘密
解き明かす学問で、ひとつひとつの数字の
意味を知るうち、私も数字の世界に
のめり込んでいきました。

なにしろ面白かったのが、誕生日の数字で
その人その人の運勢が見えるところ。

若い頃からこのときまで一度も占い、
鑑定の類いを身に受けたことのない
70歳までの人生でした。

ただ、数秘術に出会って、ある時、
あるきっかけから誕生日占いメール診断を
申し込んでみて、受け取って読み始めた
5、6 行目からでした。

魂に「くさび」を打ち込まれでもしたような
前代未聞(決して大袈裟ではなく)の、
それまでの意識が瓦礫のようにひっくり返る
瞬間に出逢うことになったのでした。

それもパソコン上で興味をもったにすぎない
ものなのに、私の生年月日からだけで
私の本質をここまで言い当てられるのか?

きつい言葉で言い換えますと、
「あばかれる」と申しましょうか。

猫をかぶって生きて来た、というのでは
ないのです。

昭和の初めに生まれ、男尊女卑が当たり前の
地方で育ち、私が9歳のときに父は戦死。

嫁しては滅私奉公的に婚家に仕え
主婦のかがみのようと言われ、
それが女と生まれた自分の本分 ・本質と
思い疑わず。

でも、五枚からなるメール誕生日占いには、
その思い込みの仮面が明るく軽やかに、
それまで魂を被っていた
「常識・建てまえ。世間体」
木っ端みじんに砕き落とし、身に染む内容で
溢れていました。

生まれながらの本質

私の生まれながらの本質は、なんと、
幾つになっても成熟した女性になりきれない
「お子ちゃま気質」であったのでした。

ああ、すべて、私、
背伸びをして生きてきたのね、と、
そのとき号泣に襲われたのでした。

そうか!未熟でもいい。風変わりでも。
変なおばあちゃんでもいい。

その日から、憑き物が落ちたみたいに
魂に被さっていた余計なものが剥がれ始め
今日に至ります。

ご自分のご本質を知る手がかりが
「誕生日占い」なのです。

あなたの数字に込められた
神秘

あなた様の生年月日から算出する、
バースデーナンバーは3種類。

ひとつ目をスピリチアルナンバー、
ふたつ目はエンジェルナンバー、
みっつ目をチャレンジナンバー、
と呼びます。

あなた様のお生まれながらの本質を伝える
数字に暗号化された神秘な数字は、
真ん中のエンジェルナンバーです。

どのように算出するか?といいますと、
とっても簡単で、まずは生年月日の数字を
全部足し合わせます。

私の場合は1935年9月3日ですので、
1+9+3+5+9+3=30となりますが、
一桁になるまで足していくので、3+0=3
となります。
※11、22、33は別枠

この3という数字がお子ちゃま気質を表す
エンジェルナンバーというわけです。

3の気質はお子ちゃま、
というだけではありません。
明るく素直、天真爛漫な子供心あふれる
エンターテイナーで、好奇心も旺盛。

いろんなことに積極的にチャレンジし、
飲み込みの早く想像力の豊富、交友関係も
幅広い社交家です。

自分を表現することが得意で目立ちたがり屋
お金儲けの才能もある。

先のことはあまり気にしない楽天家で、
人生を楽しむ名人でもあるのです。

こういった本質をひっくるめると
「お子ちゃま」という表現になりますよね。

まさに、今の私、こういう感じそのもの。
83歳、人生の晩年にあってもまだ、
知りたいこと、やりたいことがたくさん。

もし、エンジェルナンバーが3なのに、
なんだかちょっと違和感があるとしたら、
あなたの本質を生きていないのかも。

もっとはっちゃけていいのよ、という
メッセージと受けとめることもできます。

他のエンジェルナンバーにはどんな
本質があるのか?一言で言うと、
1:ワンマンリーダー
2:受け止める人
3:お子ちゃま
4:努力家
5:自由人
6:優しい人
7:専門家
8:エネルギッシュ
9:理論派
といった傾向があります。

ただ、スピリチュアルナンバー、
チャレンジナンバーとの意味合いも
大きく影響するので、必ずしもみんなが
同じようになるとは限りません。

あなたの本質は?

より詳しくは個別の鑑定をお受けくださると
わかるのですが、すべての方に細かい鑑定が
必要というわけでもありません。

これまで14年、3,500余名様の個別鑑定
担当させていただきましたが、人によって
必要なタイミングというのは違うものです。

いきなり時間とお金をかけて受けてみよう
と思われないこともあるでしょう。

ですので、それぞれのエンジェルナンバーの
より詳しい説明については別紙にまとめて
それぞれご覧いただけますよう、
ご用意いたしました。

エンジェルナンバーの意味の他にも、
・気をつけたい注意点
・仕事の傾向
・恋愛のタイプ
・眠っている才能
・人間関係の特長
などなど、ご自身に備わっている
基本的な本質を垣間見ることができます。

数字の特長をご覧になるには、
下のボタンから「まぐまぐ」のページへ
移り、メールアドレスをご登録ください。

すぐに届くメールの最下部から、
それぞれの数字の特長を解説するページへと
リンクされるようになっております。

こちらに寄られたのもなにかのご縁、
ご自身の本質をお知りになって、
日々の暮らしにお活かしくださいませ。

更新日:

Copyright© ValuablePage , 2019 All Rights Reserved.